兵庫南東部

最新情報

2012年8月30日未分類
高級住宅地・芦屋市の駅
2012年8月30日未分類
特急で梅田と直結。自然の多いニュータウン・日生中央駅
2012年8月30日未分類
かつての城跡? 粟生駅
2012年8月30日未分類
「Tacoバス」の走る街・魚住駅
2012年8月30日未分類
日本標準時子午線の真上にある博物館

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

高級住宅地・芦屋市の駅

芦屋駅(あしやえき)は西日本旅客鉄道(JR西日本)の東海道本線の駅である。また、「JR神戸線」の区間にも含まれている。芦屋駅は兵庫県芦屋市船戸町にある駅。この芦屋駅には新快速の列車も停車する。芦屋駅の1日平均乗車人員は28,000人程度。芦屋駅のある芦屋市は、古くから高級住宅街として知られている。谷崎潤一郎の小説『細雪』の舞台ともなった。国際観光文化都市にも指定されている。芦屋駅は1913年(大正2年)に開業した。
当時の地元である精道村の請願によって計業下駅。しかし国鉄では知名度の高い「芦屋」を駅名に採用して「芦屋駅」と名づけた。
1980年には駅ビルの「モンテメール」が開業する。1995年の阪神大震災の際には、一時、営業を休止している。芦屋駅周辺には大丸芦屋店や、芦屋仏教会館、ヤマダ電機テックランド芦屋店やホテル竹園芦屋の入った「ラポルテ」などがある。また、芦屋市内には虚子記念文学館やヨドコウ迎賓館などがある。

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

特急で梅田と直結。自然の多いニュータウン・日生中央駅

日生中央駅(にっせいちゅおうえき)は能勢電鉄の日生線の駅である。日生中央駅は兵庫県川辺郡猪名川町にある駅。この駅名は、阪急日生ニュータウンを開発した事業者である「日本生命」からとられている。日生中央駅のある猪名川町は、川辺郡で唯一の自治体。兵庫県の東端にあり、大阪市の最大の繁華街である梅田とも近い。阪急日生ニュータウンや猪名川パークタウン、つつじが丘といったニュータウンが集中している。自然も多く残っていて、モリアオガエルやオオサンショウウオ、ホタルなどが生息している。イオンモール猪名川が出店している。日生中央駅は1978年(昭和53年)に開業した。
1997年には特急列車「日生エクスプレス」の運行を開始した。日生エクスプレスは朝のラッシュ時に、阪急電鉄梅田駅と日生中央駅のあいだで運行されている特急列車のこと。駅周辺には阪急日生ニュータウンやショッピングセンター「日生中央サピエ」、阪急オアシス、ケーズデンキ、猪名川町B&G海洋センターなどがある。

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

かつての城跡? 粟生駅

粟生駅(あおえき)は西日本旅客鉄道(JR西日本)の加古川線、北条鉄道の北条線、神戸電鉄の粟生線の駅である。粟生駅は兵庫県小野市粟生町字前田にある駅。粟生駅の1日平均乗車人員は、JR西日本の駅で900人程度。粟生駅周辺には駅前公園や等覚寺、善教寺、などがある。
粟生駅近くの等覚寺の周辺には、かつて「島村城」と呼ばれる城があったと伝えられているが、現在ではわずかに周囲より高くなっている土地や、堀の跡を思われる溝があるのみで城の遺構などは残されていない。室町時代の存在したといわれ、赤松氏の家臣・粟生氏の城。粟生氏はのちに中川氏に仕えるようになったとされる。
粟生駅には「らんらんバス」が発着している。らんらんバスは粟生駅のある兵庫県小野市のコミュニティバスで、神姫バスに運行が委託されている。大人100円の均一料金で、車内にはAEDも設置されている。粟生駅のほか、神戸電鉄の樫山駅、小野駅やJR加古川線の市場駅、小野町駅、河合西駅にも発着している。

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

「Tacoバス」の走る街・魚住駅

魚住駅(うおずみえき)は西日本旅客鉄道(JR西日本)の山陽本線の駅である。また、「JR神戸線」と呼ばれる区間の駅でもある。魚住駅は兵庫赤尾県明石市魚住町にある駅。魚住駅の1日平均乗車人員は11,000人程度。魚住駅は1961年(昭和36年)に開業した。
開業当時は日本国有鉄道の駅で、1987年に国鉄の分割民営化によりJR東日本の駅となる。その後、2009年に橋上駅舎化した。魚住駅近くには「山陽魚住駅」がある、このJRの魚住駅ができる前は、こちらの山陽魚住駅の駅名が「魚住駅」だった。近くにはライオンの明石工場もある。魚住駅には兵庫県明石市のコミュニティバスである「Tacoバス」が乗り入れている。このTacoバスは山陽バスや神姫バスなどに運行が委託されている。全線が大人100円、小人50円の均一料金。1日乗車券は大人400円。市の西部には市バスなどの路線バスが走っていないため、その代わりとなる交通手段として導入された。

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ

SSL