イメージ画像

大阪と兵庫を結ぶ能勢電鉄

滝山駅(たきやまえき)は能勢電鉄の妙見線の駅である。滝山駅は兵庫県川西市にある駅。この滝山駅の所属する妙見線は、兵庫県川西市の川口能勢口駅からこの滝山駅を通り、大阪府豊能町の妙見口駅までを結ぶ、能勢電鉄の路線。能勢電鉄は1908年(明治41年)に開業した鉄道会社で、この妙見線のほかに日生線、妙見ケーブル、妙見リフトを運行している。妙見線は山の中を通ることが多く、トンネルも多い。滝山駅は1913年(大正2年)に開業した。
1967年(昭和42年)には複線化している。滝山駅という駅名は、地名の滝山村に由来している。この滝山村という名は、猪名川に流れ込んでいた、「滝山」と呼ばれる滝から来ている。滝山駅周辺には猪名川が流れ、川西市文化会館や川西市立川西北小学校などがある。滝山駅のそばを流れる猪名川(いながわ)は兵庫県と大阪府を流れる淀川水系の河川で、一級河川である。丹波高地の大野山から流れ出し、大阪国際空港のそばを通って神崎川に合流する。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ