イメージ画像

近松門左衛門ゆかりの公園・塚口駅

塚口駅(つかぐちえき)は西日本旅客鉄道(JR西日本)の福知山線の駅である。また、「JR神戸線」と呼ばれる区間にもあたる。塚口駅は兵庫県尼崎市東塚口町にある駅。塚口駅の1日平均乗車人員は8,800人程度。塚口駅は1891年(明治24年)に開業した。
開業当時は川辺馬車鉄道の駅で、周辺の路線が開業した際に一緒に開業した。1893年には川辺馬車鉄道が摂津鉄道と改称。このとき、塚口駅は一時廃止されたが地元有志の請願によって1894年に復活した。1897年には阪鶴鉄道が摂津鉄道を買収し、塚口駅も阪鶴鉄道の駅となる。
さらに1907年(明治40年)に国有化された。当初、路線名は「阪鶴線」だったが、これが後に福知山線とされた。塚口駅ちかくには、800メートルほど離れたところに阪急電鉄の阪急塚口駅があり、乗り換えが可能。ほか、塚口駅周辺には森永製菓の工場、兵庫県尼崎市岸青少年創造劇場(ピッコロシアター)、近松門左衛門を記念した近松公園、三菱電機の伊丹製作所などがある。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ