イメージ画像

ニュータウンの玄関口・川口能勢口駅

川西能勢口駅(かわにしのせぐちえき)は阪急電鉄の宝塚本線と能勢電鉄の妙見線の駅である。兵庫県川西市にある駅で、第3回「近畿の駅百選」にも選定されている。1日平均乗降人員は、阪急電鉄の川西能勢口駅で約47,000人、能勢電鉄の川西能勢口駅で47,000人となっている。この駅の高架下には複数の店舗が入っており、まとめて「ベルフローラ・かわにし」と呼ばれている。
このほか、川西市立中央図書館、川西阪急などの入ったアステ川西、川西市役所、栄根寺廃寺遺跡公園、モザイクボックスなどがある。川西能勢口駅は1913年(大正2年)に開業した。開業当時は箕面有馬電気鉄道の駅で、駅名は「能勢口駅」だった。その後、同年に能勢電気軌道の能勢口駅も開業し、乗換駅となる。1965年には、市名を駅名に入れるよう、市からの要求があったことに応えて「川西駅」となるが、その3ヵ月後には川西能勢口駅周辺には萩原台、錦松台、湯山台、けやき坂、猪名川パークタウンなど、ニュータウンが多く、この駅はその玄関口として利用されている。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ