イメージ画像

マンガの神様・手塚治虫の記念館

宝塚南口駅(たからづかみなみぐちえき)は阪急電鉄の今津線の駅である。
兵庫県宝塚市南口にある。宝塚南口駅の1日平均乗車人員は5,500人程度。宝塚南口駅は1921年(大正10年)に開業した。開業当時は阪神急行電鉄の駅で、当時は今津線も「西宝線」という名称だった。宝塚南口駅周辺には高級住宅街が広がっている、この駅の近くには、日本の代表的なクラシックホテルのひとつである宝塚ホテルがあり、宝塚南口駅の副駅名も「宝塚ホテル前」である。駅近くには宝塚歌劇団の宝塚大劇場、宝塚バウホール、宝塚音楽学校、宝塚市立手塚治虫記念館、宝塚ガーデンフィールズ、カトリック宝塚教会などがある。
宝塚市立手塚治虫記念館は、5歳からこの宝塚市で過ごし、のちに『マンガの神様』と呼ばれた手塚治虫を記念して建てられた資料館で、手塚没後5年の1994年に宝塚市によって開館した施設。「自然への愛と生命の尊さ」をテーマとし、手塚の生涯や作品リストを閲覧できるほか、アニメーションなどの一部作品は全話を視聴できる。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ