イメージ画像

商店街がたくさん・明石駅

明石駅(あかしえき)は西日本旅客鉄道(JR西日本)の山陽本線の駅である。また、明石駅は「JR神戸線」と呼ばれる区間にも含まれている。明石市の中心的な駅として機能している。明石駅は兵庫県明石市の大明石一丁目にある駅。明石駅の1日平均乗車人員は51,000人程度。明石駅は1888年(明治21年)に開業した。開業当時は山陽鉄道の駅で、兵庫駅から明石駅までの開通と同時の開業。当時はこの路線の終点駅だった。
1906年には国有化され、国鉄の駅となる。11995年の阪神・淡路大震災の際には一時、営業を休止するが、地震の6日後には再開している。明石駅には山陽電気鉄道本線の、山陽明石駅が隣接している。明石駅周辺には商業地帯は広がっており、駅のすぐ北には明石城跡がある。周辺にあるおもな商店街としては駅前商店街、喜春商店街、明石銀座商店街、魚の棚商店街、鍛冶屋商店街などがある。また、ショッピングセンターらぽす、明石市役所、明石市立天文科学館などもある。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ