イメージ画像

特急で梅田と直結。自然の多いニュータウン・日生中央駅

日生中央駅(にっせいちゅおうえき)は能勢電鉄の日生線の駅である。日生中央駅は兵庫県川辺郡猪名川町にある駅。この駅名は、阪急日生ニュータウンを開発した事業者である「日本生命」からとられている。日生中央駅のある猪名川町は、川辺郡で唯一の自治体。兵庫県の東端にあり、大阪市の最大の繁華街である梅田とも近い。阪急日生ニュータウンや猪名川パークタウン、つつじが丘といったニュータウンが集中している。自然も多く残っていて、モリアオガエルやオオサンショウウオ、ホタルなどが生息している。イオンモール猪名川が出店している。日生中央駅は1978年(昭和53年)に開業した。
1997年には特急列車「日生エクスプレス」の運行を開始した。日生エクスプレスは朝のラッシュ時に、阪急電鉄梅田駅と日生中央駅のあいだで運行されている特急列車のこと。駅周辺には阪急日生ニュータウンやショッピングセンター「日生中央サピエ」、阪急オアシス、ケーズデンキ、猪名川町B&G海洋センターなどがある。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ