イメージ画像

豊臣秀頼ゆかりの寺・中山駅

中山駅(なかやまえき)は阪急電鉄の宝塚本線の駅である。中山駅は兵庫県宝塚市中山寺にある駅。副駅名は「中山観音前」。
中山駅の1日平均乗車人員は5700人程度。この中山駅の属する宝塚本線は、大阪府大阪市北区の梅田駅から中山駅を通り兵庫県市宝塚市の宝塚駅までを結ぶ、阪急電鉄の路線で、1910年に開業した箕面江今電気軌道の路線がその発祥。中山駅は1910年(明治43年)に開業した。
中山駅は開業当時は箕面電気軌道の駅で、この箕面電気軌道が開業したときに最初からあった駅。阪急電鉄でもっとも古い駅のひとつである。1983年(昭和58年)には地下駅舎化した。中山台ニュータウンの入り口でもある。中山駅周辺には中山寺、ダイエー宝塚中山店、市杵島姫神社などがある。中山寺へ別名「中山観音」とも呼ばれ、聖徳太子が飛鳥時代に建立したとされる日本最初の観音霊場。真言宗中山寺派の本山で、十一面観音を本尊として祀っている。現在ある本堂は、江戸時代初期に豊臣秀頼が片桐且元に命じて再建したもの。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ