兵庫南東部

最新情報

2012年8月30日未分類
高級住宅地・芦屋市の駅
2012年8月30日未分類
特急で梅田と直結。自然の多いニュータウン・日生中央駅
2012年8月30日未分類
かつての城跡? 粟生駅
2012年8月30日未分類
「Tacoバス」の走る街・魚住駅
2012年8月30日未分類
日本標準時子午線の真上にある博物館

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

かつては温泉地だった高級住宅地・苦楽園

苦楽園口駅(くらくえんぐちえき)は阪急電鉄の甲陽線の駅である。兵庫県西宮市石刎町にある。苦楽園口駅の1日平均乗車人員は6,400人程度。苦楽園口駅は1925年(大正14年)に開業した。しかしこれ以前の1924年(大正13年)から、「越木岩信号所」としては存在しており、それが駅に昇格するという形での開業だった。越木岩信号所は1924年の甲陽線開業と同時に開業した。
苦楽園口駅周辺には西宮七園に数えられる「苦楽園」という地域があり、温泉地であった。大正から昭和にかけて多くの人でにぎわい、そこへのアクセス駅として設置されたのがこの苦楽園口駅である。苦楽園は高台にあり、大阪市、神戸市、大阪湾などを望むことができる。湯川秀樹も一時期、ここに住んでいたことがあある。1914年からは温泉地として脚光を浴びるが、1938年の阪神大水害で湯が枯れ、以後は住宅地となる。周辺には高級住宅街が広がり、夙川が流れている。ほかには夙川公園がある。また、『火垂るの墓』の舞台として知られる「ニテコ池」にも近い。

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

マンガの神様・手塚治虫の記念館

宝塚南口駅(たからづかみなみぐちえき)は阪急電鉄の今津線の駅である。
兵庫県宝塚市南口にある。宝塚南口駅の1日平均乗車人員は5,500人程度。宝塚南口駅は1921年(大正10年)に開業した。開業当時は阪神急行電鉄の駅で、当時は今津線も「西宝線」という名称だった。宝塚南口駅周辺には高級住宅街が広がっている、この駅の近くには、日本の代表的なクラシックホテルのひとつである宝塚ホテルがあり、宝塚南口駅の副駅名も「宝塚ホテル前」である。駅近くには宝塚歌劇団の宝塚大劇場、宝塚バウホール、宝塚音楽学校、宝塚市立手塚治虫記念館、宝塚ガーデンフィールズ、カトリック宝塚教会などがある。
宝塚市立手塚治虫記念館は、5歳からこの宝塚市で過ごし、のちに『マンガの神様』と呼ばれた手塚治虫を記念して建てられた資料館で、手塚没後5年の1994年に宝塚市によって開館した施設。「自然への愛と生命の尊さ」をテーマとし、手塚の生涯や作品リストを閲覧できるほか、アニメーションなどの一部作品は全話を視聴できる。

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

接木の技法を確立した坂上頼泰

山本駅(山本駅)は阪急電鉄の宝塚本線の駅である。山本駅は兵庫県宝塚市平井にある駅。通勤急行、急行、準急含め、山本駅にはすべての列車が停車する。山本駅の1日平均乗降人員は17,000人程度。山本駅のある地区は、園芸の町として知られている。
坂上頼泰は豊臣秀吉に仕えた武士だったが、隠居後、趣味の庭いじりに精を出し、接木の技法を確立。これにより、二種類の植物の長所を兼ね備えた植木がつくれるようになった。もと主人である秀吉に鉢植えを献上したこともある。山本駅は1910年(明治43年)に開業した。開業当時は箕面電気鉄道の駅で、のちに阪急電鉄となる。阪急電鉄のなかでも、山本駅は最古の駅のひとつ。この年に開業した平井駅は、1944年(昭和19年)に山本駅と統合されたうえで現在地に移転された。1989年には地下駅舎化される。2000年には特急停車駅となった。山本駅周辺には、接木の技法を確立した坂上頼泰の碑や、園芸ショップのある公園「あいあいパーク」、伊丹市率荒牧バラ公園などがある。

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

稲作と機織を教えた神・売布神社

売布神社駅(めふじんじゃえき)は阪急電鉄の宝塚本線の駅である。兵庫県宝塚市売布にある。売布神社駅は1914年(大正3年)に開業した。開業当時は箕面電気鉄道の駅だった。売布神社駅のある地区には高級住宅地が広がっている。
売布神社駅周辺には映画館のシネ・ピピアや宝塚市消費生活センター、宝塚市売布神社駅前サービスステーションなどの入った複合施設「ピピアめふ」がある。ピピアめふは、阪神大震災のあと、行われた再開発で誕生した複合商業施設。
このほか、宝塚黙想の家や宝塚寿郵便局がある。また駅名の由来となった売布神社は605年(推古天皇18年)に創建された神社と伝えられる。大国主命の娘である下照姫神を祀っている。飢えと寒さに困っていた付近の住民に、下照姫神が稲作と、機織を教えたため、住民は豊かになり、下照姫神を祀ったことが神社の発祥とされる。売布神社と名づけられたのは江戸時代、大岡忠相が寺社奉行をしていたころのことである。毎年10月には八坂神社との共催でだんじり祭が開かれる。

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ

SSL